時間平面の美学(実況モード第3回)

現在このブログは実況モードに突入しています。確変みたいなもんです。
現時点の実況については、当ブログのトップページをご覧ください。

いやあ、早くも盛り下がってますねえ。想定内なので気にはしていませんが、ここで踊りを止めたらかなり自分的に恥ずかしいので、このまま続けたいと思います。

さて、いい加減にエントリも長くなってしまったので、新しいエントリにします。本日4月16日にテレ玉、サンテレビで放送予定の第3話に備えるためです。こんな感じで、1週間ごとにエントリを上げて、そのエントリ上で随時更新をしていこうと思います。よろしくお願いします。


先週までのおさらい

  • ハルヒ第2回は「涼宮ハルヒの憂鬱II」。映像ソースはDVD版、次回予告なし、クレジット、提供バックは前回と同様。
  • 現時点で今回放送については「全28回」以外の確定的情報はない。
  • 今週は時系列順なら「涼宮ハルヒの憂鬱III」であるはず。長門「危機が及ぶとしたら、まずあなた」、古泉登場、第1回パトロール、みくるの告白「お話したいことがあります」。古泉の告白「涼宮さんがそう願ったからです」。
  • 伝説は、今現在も動いている。

4月23日 01:00現在 今回更新で打ち止め。次のエントリへ行きます。

判明している情報:既定事項

・第3回は「涼宮ハルヒの憂鬱III」でした。次回予告なし、クレジット・提供バックは前回と同様です。
・本日(17日)になって第2回「涼宮ハルヒの憂鬱II」がYouTube角川チャンネルで公開されました
。予想外と言えば予想外の動きですが、第1話、第2話を同時放送するメーテレの放映に合わせたと考えれば自然の成り行き、とも言えそうです。とはいえ、ちょっとびっくり。
・第1回「涼宮ハルヒの憂鬱I」がYouTube角川チャンネルで放送されています
。注目すべきは公開ページ右の説明文で、コピーライト表示が「1期(2006年)」と「今回(2007、2008、2009年)」になっている他、クレジットも今回放送にあたり公開されている表記になっています。なお、そのほかのめぼしい情報はまだ出ていない他、YouTubeでの公開期間もまだ出ていません。
・現時点で、「ハルヒラジオ」に関する情報は出ていません。ラジオ関西の「アニたまドットコム」枠も1月期の放送が継続している模様。ランティスネットラジオにも動きはありません。
・公式サイトに若干更新がかかっています。とは言っても、団員募集のページへ飛ぶアイコンに「工事中」という文字が追加されただけです。
4月22日、「ハルヒちゃん」OP「いままでのあらすじ」がランティスより発売されました。オリコンデイリーチャートは初登場13位。YouTube配信のみ+テレビスポットCMのみの宣伝でこの順位は健闘していると言ってもよいでしょう。すでにニコニコ動画での転載が始まっており、その曲の内容からして今後の売り上げはある程度伸びるものと思われます。詳しくは「雑記」で。

確度が高いと思われる情報・推測

・(なし)

確度が低いと思われる憶測・妄想

・(4/16)今2chのスレッドで出回っている今回放送の憶測です。ご丁寧にもOP、EDの展開憶測付き。よく見ればわかりますが、第13話が抜けています。

OP:冒険でしょでしょ?/平野綾 ED:ハレ晴レユカイ/平野綾・茅原実里・後藤邑子

04/02 第01話 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅰ
04/09 第02話 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅱ
04/16 第03話 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅲ
04/23 第04話 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅳ
04/30 第05話 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅴ
05/07 第06話 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ
05/14 第07話 涼宮ハルヒの退屈

OP【新】:Tomorrow’s chance/茅原実里 ED【新】:タイトル未定1/平野綾・茅原実里・後藤邑子

05/21 第08話 笹の葉ラプソディ【新】
05/28 第09話 ミステリックサイン
06/04 第10話 孤島症候群(前編)
06/11 第11話 孤島症候群(後編)
06/18 第12話 エンドレスエイト【新】
06/25 第14話 涼宮ハルヒの溜息Ⅰ【新】
07/02 第15話 涼宮ハルヒの溜息Ⅱ【新】
07/09 第16話 涼宮ハルヒの溜息Ⅲ【新】
07/16 第17話 涼宮ハルヒの溜息Ⅳ【新】
07/23 第18話 涼宮ハルヒの溜息Ⅴ【新】
07/30 第19話 朝比奈ミクルの冒険 Episode00
08/06 第20話 ライブアライブ
08/13 第21話 射手座の日

OP【新】:タイトル未定2/平野綾 ED:タイトル未定1/平野綾・茅原実里・後藤邑子

08/20 第22話 サムデイ イン ザ レイン
08/27 第23話 涼宮ハルヒの消失Ⅰ【新】
09/03 第24話 涼宮ハルヒの消失Ⅱ【新】
09/10 第25話 涼宮ハルヒの消失Ⅲ【新】
09/17 第26話 涼宮ハルヒの消失Ⅳ【新】
09/24 第27話 涼宮ハルヒの消失Ⅴ【新】
10/01 第28話 アニメオリジナル【新】

そんな中

・今週も予定通り「ハルヒちゃん・ちゅるやさん」が新規公開されました。ハルヒ2期に関する情報はない模様です。「Youかぶっちゃいなよ~」(ジャニー喜多川)、「いっぺん死んでみる?」(地獄少女)と今回もパロディ全開でしたね。白石氏gj。
・「ハルヒちゃん」のOP「いままでのあらすじ」TV宣伝CMが放映されています。出演はこちらも白石氏で、上記ハルヒちゃん「第19話」最終カットのパロディになっています。しかもDVD宣伝CMと同じ雪山ロケで。この無駄に手間をかけた展開こそ角川、いや「伊藤Pクオリティ」と言うべきでしょう。
・先日、「超月刊ハルヒ」「超月刊みくる」が発売されましたが、つづいて「超月刊長門」「超月刊キョン・古泉」の詳細が出ました。注目すべきは「超月刊キョン・古泉」のトリビュートイラストで、「高河ゆん」が担当するとのことです。絶妙すぎる起用と言ってよいでしょう(高河ゆんは同人誌「やおい」黎明期における重要人物の一人である漫画家です)。いろんな意味で楽しみですね。
・なお、「超月刊ハルヒ」「超月刊みくる」の内容については涼宮ハルヒの憂鬱2chまとめwiki(新生)最近の動向 にて詳しくまとめられています。

そして今

・現在の本スレは「1163」です。
スレ消費のペースが3日/1スレになってきました。ただ、依然として消費頻度としては早い部類に入るでしょう。
・ハルヒに関する情報は2ch系Wiki、涼宮ハルヒの憂鬱2chまとめwiki(新生)が比較的情報が早いです。また「moon phase 雑記」さんも情報が早いのでオススメ。

Tips(今回からハルヒを見始めた人に)

Q 時系列って何ですか?(本スレ1161、レス150)

A 原作における物語の時間経過に沿った順番、という意味です。

このアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」は、今のところ以前2006年4月よりUHF局を中心に放送されたものの「現時点における」再放送です。実は今回の放送では、2006年に放送されたときと比べて、各回の放送順が変わっています。なぜ、そんなことをしているのでしょう。不思議ですね。

実は、2006年にアニメが放送された時、原作小説である「涼宮ハルヒの憂鬱」で展開しているストーリー上のタイムライン(時系列順)や、原作で発表された順番(刊行順)には放送されませんでした。放送の内容が「シャッフル」されていたのです

アニメを制作した「京都アニメーション」の監督である石原立也は、インタビューで「「原作に忠実」と「原作ファンに対するサプライズ」を両立させるためだ」と語っています。(参考)制作に協力した原作者の谷川流も「「憂鬱 VI」を最終話にすることを決めたが、そうすると時系列が乱れるため、いっそ何も説明せずに放映順をゴチャゴチャにしてしまおう、と考えた」と語っており、制作側が意図的に提供したギミックだったことが伺えます。

この「原作シャッフル」はこれまでのテレビアニメとしては異例中の異例であり、当時は各方面で大きな話題となりました。このような「サプライズ」は、以後角川・京都アニメーションのお家芸となり、「らき★すた」「喰霊-零-(アニメ制作は別の制作会社です)」などで実践されることとなります。このようなことから、今回の「あらためて放送(新アニメーション)」にあたり、角川・京都アニメーションがどのような順番で放送するのか、すでに放送が始まっている現在に至っても注目されているのです。

雑感

・(4月16日、23時)「けいおん!」の人気がかなり調子いいですね。Tumblrでもかなりの頻度で「けいおん!」関連の画像がreblogされてきていますし、Syu’s Quiz Blog さんでも「けいおん!」関連のネタが増えてきています。今後も注目していきたいと思います。

・(4月18日、2時30分)こうやって第3話を見つつ「ハルヒちゃん」を見ると、茅原実里さん(長門有希)がかなり時系列を意識して演技をしているのがわかりますね。この段階(第3話、SOS団が5人集結)における長門は、キョンが言うところの「感情が芽生えた」時期よりも前なわけで、キョンへの独白が執拗に棒読みになっている感じになっています。一方、古泉(小野大輔氏)はまだハッチャける前のような落ち着いた演技ですね。たぶん気のせいでしょうけど。

alice
このブログ、というか、このサイト全体の管理をしています。 いろいろしています。していますが、そのどれもがバラバラなので、関心がない方は見なくても大丈夫です。 現在六本木でナイトカフェクロウ、というバーの店長をしています。その傍らで、誰かを元気にできるような活動をしている、つもりです。

コメントを残す