(再録)good bye Tumblr. but never say never.

この文章は、2014年7月17日にTumblr「Have you ever seen the rainbow?」にて掲載した文章を、WordPressプラグイン運用テストのため再掲載するものです。

ゼンタイの活動を始めて、今年で20年になります。

その節目の20年後に、自分にとって最高の作品に出会えました。
Twitterでも書きましたが、これでやっと、バトンを渡すことができます。時代は移りゆくものです。20年の自負など、人類の「欲求の歴史」に比べれば虫けらのようなものです。さらに言えば、僕自身の中にもやり残したこと、完遂しなければならないことがまだあります。
でも、老兵はいつか去らねばならない、この思いをここ数年持ち続けて、そして、やっと、バトンというものを手放す日が来た、そう思いました。偽らざる本音です。

そもそもバトンを持っているのかすらも怪しい僕ですから。経たのは年数だけだ、形になったものを生み出せたかどうかも定かではない。そんな不確かな日々を過ごす中で、hatchは散々と輝きながら、僕の前に姿を現しました。ゼンタイ、トータルエンクロージャー、メッシー、ブレスシェアリング、非人間化、無機化、そして、本能と本能がぶつかり合いながら、ただただ本能を貪り合う「ミニマライズ」の世界。僕がゼンタイ、いや、フェティシズムというものに求めて来た全てが、8分強という時間に凝縮されていました。

それはただの独りよがり。ただの性欲、ただの承認要求でしかなかった。でも、僕の本能にとってはこれが「全て」でした。それが、目の前で実現した。この事実を賞賛しないで、いつすれば良いのでしょう。

この後もう一つ、バトンのことを意識せずにはいられなかった作品をリブログすることで、このtumblrでのアクティビティにピリオドを打とうと思います。

これからは、たぶん自分のためだけにゼンタイで何をしようか、考える日々が始まります。かつて、私の師匠が失意の中、そう決断したように。

ゼンタイはやめません。というか、やめられません。まだやらなければならないこと、EDENや、お届けできずにご不便をおかけしていることもあります。ただ、ピリオドだけ、打たせてください。
かつて、水曜どうでしょうという番組がひとまずのピリオドを打とうとしているとき、俳優の大泉洋はこう呟きました。

「一度辞めたら、もう辞めることはない」

まさか、こんな何にもない僕に、大泉洋さんに去来した万感の思いがやって来るとは思ってもみませんでした。でも、今なら、同い年で誕生日が20日しか離れていない大泉さんの気持ちが手に取るようにわかります。
洋さんから10年以上かかっちゃいましたけどね。

僕は「一生ゼンタイするために」。
今日のこの日に、カブから降りてヘルメットを脱ごうと思います。

まだやり残したことがあります。今はそのことだけに邁進させて頂きます。
お待たせしている皆様、もうすこしだけ、お時間を頂ければ幸いです。
世界よ。
これが、ゼンタイです。

皆様に末長く幸あらんことを。
そして、M&Wの皆様に、最大級の賛辞を。
大森弘昭
2014.7.17

当ブログの今後に付きまして

3年ぶりのご挨拶

end3年ぶりのこんにちわこんばんわ初めまして。大森です。

2015年の8月31日、経営しておりました「Night Gallery Cafe Crow」を閉店しました。たくさんの方との出会いと、たくさんの素敵な展示と、イベントと、そしてたくさんの思いがパンッパンにつまった六本木のギャラリーバーでした。改めまして、皆様からの多くのご指導、ご鞭撻、ご支援に厚く感謝申し上げます。ありがとうございました。

で、あの80名様を超えたお客さまで溢れかえったラストダンスから、もうすぐ1ヶ月が経とうとしているのですが、まだまだお店のクローズに関することと、新しい職場のことで一杯一杯でございまして、未だ、皆様におまたせしている諸々を進めるに至っておりません。誠に申し訳ありません。

ひとまずはFeti.Tokyo さんの原稿を描き上げなければならないのですが、日々の仕事でそれもままならない状態でございまして、ご心配をおかけしております。じゃあなぜお前はこれを書けているんだ、というかこのブログ、随分と外見も含めていろいろと新しくなっとるやないかい、といろいろとツッコミどころはお有りかと存じます(Jetpackでバブリシティ共有までしてるしさあ)が、これも実は新就職先での事業における作業の一環なものでございまして、ああ自分の3年も放っておいたブログをわざわざ引っ張りだしてきていろいろWordPressを試していやがるのかこのハゲデブは! と何卒ご理解頂ければ幸いに存じます。

公式サイトを更新したので、ついでにちょっとしたお話を

さて、ほとんどの方はお気づきでないかと思いますが、この1ヶ月の間にできたことといえば、公式サイトの更新くらいでございました。そこでも書いている「野に下ります」という言葉は、大げさでもないのですが、実は冗談でもありません。

ここ数年、私の間でモヤモヤとしていたあの「何か」。それは突然として私の前にやってきました。いや、その例えは違うな、私の「番手」が来た、と書いたほうが正しいのかもしれません。
そんな中、私はこのモヤモヤに答えを出そうとせんがためにもがき、「世界よ、これがゼンタイだ」なるイベントを思いついてそのままの勢いでやりきってしまい、ホントはもっと軽い気持ちでやりたかった「TZC×CROW」についても「タブーを踏み越えた」と言われ、そして今日に至るまで発生しているけれど実は「ツイッターの中でしか起きていない」喧騒について悩まされた挙句に複数の方との縁がぷつっと切れてしまった、現在。

私は、Feti.Tokyo さんの原稿をほぼ頭の中で書き上げている状態におります。
あとはアウトプットするだけなのですが、その時間がなんとか取れそうになってきました。やっとカラダが新しい環境に慣れてきたといいますか、なんと言いますか、なんというか、その、もうちょっとハッキリと書けば、

やっと書ききるだけの決心が、できました。
そして、その書ききった結果、Feti.Tokyo さんに出るであろう文章をもって、言い方はひたすら大げさなのですが、

私は一旦、野に下ろうと思います。

いろんな方のご協力、ご支援を頂きました。お名前は控えさせていただきますが、かなりの回数を重ねて相談させていただき、ご支援くださった方もいらっしゃいます。この御恩はこれから必ずや、一生をかけてでもお返しさせて頂きます。そして、その御恩に報うためには、私には「やらなければならないことをすべて行い」、その上で「頂いたご支援をきっちりとお返ししていく」ことが最優先です。今はひとまず、この2つに集中をさせていただきたく存じます。

その間、私がいわゆる表舞台に出ることはほとんど無くなるかと思います。すでにお伝えしている方以外に、現在のお仕事について公にする機会は少ないでしょうし、皆様のイベント・催し物にお邪魔できるかどうかもわかりません。
私について皆様にお伝えできることはおそらく、……おそらく、このブログぐらい(及びツイッター・FaceBookへの通知)くらいになると思います。それを含めたこのブログの再スタートであった、ともご理解頂ければ幸いです。

ただ、これだけは断言しておきます。

ゼンタイをやめるとか、フェチをやめるとか、そんなことは私にはできませんし、今回のエントリーがそのような意味を示すものでは100パーセントありません。

必ずやまた、皆様の前に戻るべく精進してまいります。
CROW復活のための決意も固めたのですから、私には前しか向く方向がありませんし!

時間が取れたら、こちらにて飛び飛びの不定期ではございますが、近況をご報告してまいります。
暫くの間、こちらにてお付き合い頂ければ幸いです。
どうぞ、これからも何卒よろしくお願い申し上げます。

ネットもリアルも最初から、ある。(川上量生)

お早うございます! alicebooskaです。

こちらの更新がなかなかできず、申し訳ないです。いやねー、仕事がね~、もうねー、大変なんすー。 嗚呼、今日と明日やってるニコニコ超会議、行きたかったなー。
いや! 今のお仕事が最優先であります。 お陰様でなんとか道筋もできてきたみたいで、これからもう一踏ん張りもふた踏ん張りも頑張らないといけませんね。

今日は超会議の1日目だったわけですが、今日開催されたニコニコ超パーティーのOP動画(もちろん、制作は佐藤大輔さん!)をさきほど拝見して私め、またも泣いてしまいました。

ドワンゴ会長、川上さんの至言! 染みましたー!

「ネットのことはネットでやればいいんじゃないか」は違うんですよ。人間はそもそもネットに生きてないんですから。若い世代は、ネットとリアルの区別なんてないんですよ。
ネットもリアルも、最初からあるんだから。
-川上量生、2012年「ニコニコ超パーティー1st day OP動画」より

YouTubeにタダ乗りする形で始まったニコニコ動画。その5年の歴史は、まさしく激動でありました。

MAD・著作権侵害動画を中心に爆発的な人気を獲得し、人気を「意識した」コンテンツホルダーが登場する一方、様々な苦難、そして赤字と戦ってきた日々。その苦労は「アイマス」「初音ミク」「東方」の3大コンテンツを中心とした「n次利用コンテンツ」が花開いたことで報われます。JASRACとの電撃的な包括契約、各ホルダーとの様々な提携、政治系・論壇系・技術系コンテンツなどの年齢の枠を超えたコンテンツ戦略、赤字を厭わずに利用者と直接向き合うイベント・箱モノ・オリジナル番組、そしてなんといっても「徹頭徹尾ユルい」コンセプト。
なんて、ニコニコの「ユルさ」が心地良いことか!

ニコニコが5年の間に目指したものは、ユルさをキープしながら、様々な利用者層を招き入れた上で、「何が起こるかわからない」サービス。そのひとつの終着点が、今この瞬間も幕張で開催の準備が続いている「ニコニコ超会議」です。
そのニコニコ超会議で、ひとつの大会が行われています。そう。「超闘劇」。
そして、その超闘劇に、一人の「伝説」が実況で参加します。

ヌキさんです。

格闘ゲームシーンにとって、ヌキさんの最前線復帰はまさに「悲願」の一つであったに違いありません。
かつては(いや、もちろん今現在も)「ウメヌキ」として、ウメハラさんと双璧を成した彼。彼がストIV参戦後につぶやいた一言は、我々の落胆を誘いました。「ストIV、やっててつまらない」。
しばらく3rdでの活動が続いたヌキさんは、もはやスパIVなどの現行タイトルに参戦しないのか。格ゲー五神で唯一現行タイトルに姿を見せていなかったヌキさんの復帰を待つ声は、sakoさん、ハイタニさんのスパIV参戦を経て次第に強くなって行きました。

そして今、彼はスパIVの舞台に立っています。
詳細な経緯は、ニコニコ大百科「ヌキ」さんの記事を御覧くださいね。

ニコニコが苦難を次々と乗り越えていく一方、稲葉さん、KSKさんはGODSGARDENを立ち上げます。最初は招待選手の招聘にも困難が伴ったそうですが、今や日本の格ゲー大会の代表格の一つ……と表現しても差し支えないでしょう。Ustreamと同様にニコ生で献身的に配信を続けたKSKさんに至っては、今やタレント。こく兄さん、ヌキさんも今では人気生主です。

ニコニコ超会議。ネット。リアル。GODSGARDEN。そして、ヌキ。
このキーワードから、何を書きたかったかというと……

僕は、ニコニコ超会議の模様を閉店後のお店から拝見して、とてつもなく強烈なメッセージを感じました。それは、
「今まさに、目の前で起こっていること。それこそが未来への道の続きなんだ」ということ。

今ニコニコで起きていること、今格闘ゲームシーンで起きていること。それは数年前には考えもしなかったほどの、見事なまでの「サクセスストーリー」であります。
いや、まだ格闘ゲームについてはサクセスじゃないかもしれません。しかし、少なくとも2009年の時点でこの状況は想像すらもできませんでした。先日には、ついにふ~ど選手と板橋ザンギエフ選手が「Razer」とスポンサー契約を締結するというビッグニュースも出たばかりです。大会も増え、プロゲーマーも増えました。確実に格ゲー層は増加しています。そして、ついにはTOPANGAがニコニコ上での有料配信を敢行(それまでは闘劇が実施したのみ)。徐々に、徐々にではありますが、格闘ゲームを軸にしたビジネスモデルが、いよいよ形成されつつあるのです。

僕らは、もっとこのことを意識すべきです。
ウメスレが分裂したとかなんとか言ってる場合じゃないんです。今の格ゲーの流れは決して、決して悪いものではない。様々なことがありました(特に、がまの油さんの撤退は個人的に大ショックでした)。ありましたけども、その道筋は決して100%間違ってはいないわけです。

もし、貴方が格闘ゲームを好きなのであれば。
もし、貴方が格闘ゲームを応援していきたいのであれば。

そしてもし。
ネットというものに、リアルと同じかそれ以上の「期待」をするのであれば。

あとは、みんなで、楽しみながら前に進むだけであります。
くだらないことで憤慨する前に。些細な事を心配して一喜一憂する前に。
先人たちの格言に耳を傾け、目の前のことだけで判断することなく、むやみに益のないことをするのではなく。
楽しむんです。みんなで。

ヌキさんの笑顔を見てご覧なさい。
あんな屈託のない、一点の曇もない笑顔を、最近自分でしてますか?

当ブログの今後について

どもっす。aliceです。今お店です。
なかなかお店の方やらなんやらがいそがしく、ブログにリソースを割けない日々が続いております。本当にすいません!

Mother-baseがついに403になってしまいまして(おそらくサーバ契約が終了したんじゃないかと思います)、このブログが格ゲー情報ブログになったきっかけとなったサイトも消えてしまいました。すでに格ゲー情報ではFuriousさんがディファクトスタンダードとなり、ウメ速さんも管理人さん交代で活気を取り戻した今、このブログで無理やりニュースチックな内容を追いかけるのもシンドくなってきちゃいましたね。

ただ、このまま辞めちゃうのも勿体無い。
今の仕事の多忙はまだまだ続きそうなので、ここはひとつ、ウチのブログの本来のスタイルであります「コラムスタイル」に戻そうと思います。所詮は動画勢の戯言ではありますが、自分なりに格ゲーの世界に飛び込んで、感じたこと、思ったことがいろいろありましたし、その他の話題も含め、いろんなことを時間ができたときにでも書いていければいいなあ、って感じですか。

たしかに、去年の今頃は日本における格ゲーの地図がこんなに変貌するとは、思っても見ませんでした。まあ…、思い返してみれば、あの時は顔TVがやたら面白くて、OnGODSの開催もあって、まるで目の前で革命が起きているような、そんな心境だったのは確かですけど。ここまでとは思わなかったなー。

  • ときどさん、板ザンさん、sakoさん、がまの油さんのプロ化(そしておそらくはマゴさんも)
  • GODSGARDEN・顔TVへのスポンサードが実現
  • TOPANGAの誕生(プレイヤーサイドの団体出現)と、ときど・マゴの顔TV卒業
  • EVO/GODS(実現すれば史上初・日米トップ団体の共催)
  • Gamer’s Vision消滅と「ここ、禁煙」
  • 17,000人が見つめた「ウメハラ×うりょ」戦、270,000人が熱狂したOnGODS

いろいろありました。いろいろありましたけども。
大事なのは、まだまだこの物語は続くし、続けなければいけない、ということだと思います。

スパIVAE家庭版が稼動して、あらたな熱狂が世界中で起きています。
明日~月曜日には大きなアメリカの大会が2つ同時開催され、その双方に日本人選手が招かれています(Relevationsにウメハラ、sako、マゴ。CEOにときど)。
総師範KSKさんは無事に(?)GODSへ帰還を遂げ、まさに今、稲葉さん、ナカジマさんと共に顔TVを元気に配信しています。
明日からはがまの油さんが名古屋からRevelationの配信を実施されます。現地にはネコハシさんも。
そして今も、Ustreamやニコニコ生放送で、数多くのプレイヤーが自ら配信を実施しています。

この急激な流れを、ムーブメントと言っても過言ではないであろう、この大きなうねりの発生を、1年前の6月に誰が予測していたでしょうか?
それは、たくさんの人が流した、血と汗と涙の結晶の元に成り立っているということ。
それは、「格闘ゲームの復興」という旗印のもと、たくさんの人が力を注いだ結果であるということ。
そしてそれは、一度は地獄を見た「格闘ゲーム」を蘇らせるために、今まさに必要なこと。
それらを、意味しているのです。

我々は、まだまだ走り続けなければなりません。
なぜって? 答えは簡単。まだまだ物語はつづいているのですから。
今、この瞬間に世界中で走り続けている、すべての猛者たちの思いに報いるために。

これから、そんな思いを鼓舞できるようなお話を、ここでしていければと思います。
ますます厨二病くさくなりそうです(笑)。

更新頻度はなかなか上げられないかもしれません。それでもよろしかったら。
今後とも、当ブログをよろしくお願いします。

※ 大会情報については、マジで今リアルタイムで追える状況下にないので外しました…。すいません! ぜひFuriousさんを御覧ください。
※ 記事的なものについて速報性のあるものは、極力ニコニコ大百科で執筆しています。ABOUTのページに編集者記事へのリンクがありますので、そちらから御覧ください。

【お知らせ】大会情報を暫定的に更新しました

やっていくスタイル! ども。aliceです。

まだまだ多忙が続いておりまして、なかなか更新に至っておりません。この間に「Evolution vs. Godsgarden」の中止(厳密には2011年度開催の中止→2012年度EVOへ向けて再検討)も決まりまして、僕かなり意気消沈。

でも負けない! ここで負けてしまっては、格ゲーの未来は開けません!

続きを読む →

【お知らせ】当ブログの今後の更新について

この度は、平成23年3月11日に発生いたしました東北地方太平洋沖地震におきまして、被災された皆様に心よりお見舞い申しあげます。

現在関東地方において、大規模な計画停電、及びこれに伴う交通機関の限定運用などが実施されています。先週実施予定でした「CyAC日本選手権」や、27日の「プラザカプコン杯」は中止・延期され、さらにがまの油さん率いる「名古屋ストリートバトル」も活動の一時停止を決断されました。
一方、予定通り開催された「FINAL ROUND XIV」ではときどさんが活躍され、3種目で優勝されたとのことです。ときどさんはこのあとテキサスの大会に参加されるそう。
カプコンさんは、今回の震災にあたり1億円の義援金、及びiPhone版「スパIV」の売り上げを寄付する旨発表しました。その他のメーカーでも、それぞれ復興への支援に向けて活動されているようです。
世界の至る所で、皆さんがそれぞれの分野で、頑張っています。

さて。

当ブログの今後についてですが、僕(alice)自身が震災の影響で現在表の仕事に注力していることもあり、あまりこちらに時間を割けない状態になっているのが現状です。
ですが、先日再びmother-base.netがサスペンデッド状態になったこともあり、可能な限りこちらについても更新をしていこうと思っています。

未曾有の事態に陥った日本。この状況下で格闘ゲームの話をしていくことは、ややもすれば不謹慎だと思われるかもしれません。
ですが、この国に必要なのは、被害に遭われた皆さんの可及的速やかな救出と支援、深刻な状況に陥っている原子力発電所への対応、現状への一丸となった節電などへの尽力と共に、震災から一刻も早く復興することであります。
格闘ゲームというものを通じて、今もたくさんの方々が尽力されています。メーカーの皆さん、オペレーターの皆さん、イベンターの皆さん、それぞれがそれぞれの地で頑張っています。そして、プレーヤーの皆さんも。今もときどさんは、アメリカの地で日本を代表する存在として、自分のできることをされているのです。ならば、僕らも、できることをしていくべきでしょう。

この状況下で、お伝えできることはさほど多くないかもしれませんが、あくまでも「前向きになれること」を中心に、格ゲーを通じて頑張っている方の今を、可能な範囲でお伝えできればと思います。

今は試練の時です。ですが、必ずや我々格ゲー勢がその力を発揮する時はやってきます。
その時のためにも。お互い頑張っていきましょう。
この苦難を、乗り越えていきましょう。

今後とも、当ブログをよろしくお願いいたします。

FINAL ROUND XIV まもなく開催 / CyAC日本選手権直前情報 / NSB 22 結果

#CyAC #nsb #godsgarden

さあ、今週末は待ちに待ったときどさんの晴れ舞台「FRXIV」と「CyAC日本選手権」です! GODSGARDENもあと2ヶ月!(もう2ヶ月か!) EVO/GODSについてはkotaku japanさんでも取り上げられていましたね。優勝者にはEVO本戦参加権利+ラスベガス行き航空チケットという豪華なプライズまでつきましたし、ここからガンガン盛り上がっていきそうです。今日は上記2つの大会についておさらいを。

続きを読む →